×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借入技 簡単借入 裏技

ヨーロッパサッカー史に残るイスタンブールの決戦

2005年5月25日、この日トルコのイスタンブールにてUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦が行われました。決勝戦のカードはACミラン対リバプール、当時のミランアンチェロッティ監督の下、ミランの象徴マルディーニ、中盤の底でゲームをコントロールするピルロ、ブラジルの至宝カカ、そしてウクライナの矢シェフチェンコ等のそうそうたるメンバーが並びます。対するリバプールもチームの顔、ジェラード、オーストラリア人として初めて決勝戦を経験すらキューウェル等がスタメンに並びます。
試合は開始早々ミランペースでスタート、マルディーニのゴールを皮切りに、39分と43分には当時チェルシーから出番を求めてミランにレンタル移籍していたクレスポが得点し、前半は3対0、この時点でミランの勝利を確信した人は多いかも知れません。しかしリバプールも黙っていません。後半7分にはジェラードが、そして9分にはスミチェルが立て続けにゴールを決めて1点差そして後半13分にはシャビ・アロンソがゴールを決めて遂に同点、その後お互いに決めてを欠き延長戦終了、勝負はPK戦に委ねなれます。
このPKで大活躍したのがポーランド代表のベテランゴールキーパーデュデク、ゴールマウスで奇妙な動きを見せてミランの選手陣を翻弄、そしてリバプールはPKをしっかりと決め、遂にヨーロッパの頂点に立ちました。

借入技で簡単借入【裏技】を伝授します☆メニュー